8月開始?Go To キャンペーンの詳細を解説!

おすすめ商品・サービス

Go Toキャンペーンって聞いたことありますか?

最近ちらほらニュースでも取り上げられていて、

耳にしたことがある人がいると思いますが、詳細を知らない人がほとんどかと思います。

 

コロナで自粛疲れし、これから旅行にいきたいって人も多いかと思います。

そんな今に最適なキャンペーンになるので、

これを機会に知っておいて、お得に旅行をしてくださいね!

 

「Go Toキャンペーンとは」
新型コロナウイルス感染症収束後の経済活動の回復のために、影響を受けた地域の観光、運輸業、飲食業、イベント・エンターテインメント事業などを対象とし、地域再活性化のため需要喚起キャンペーンのこと。

 

Go Toキャンペーンって旅行代の一部を政府が負担してくれるイメージがあるかと思いますが

旅行だけでなく飲食・イベント・エンターテインメントなど

キャンペーンの中で大きく4つの項目に分かれるんですね。

 

今回は、そのGo To キャンペーンの中でも

Go To Travelを解説していきたいと思います。

Go To Travel とは?

Go To Travel

期間中に、じゃらんや一休のような旅行業者を経由して、

旅行を申し込んだ消費者に対して、

旅行代金の2分の1相当分のクーポンなどを付与するキャンペーンです。

JALはもうHPも準備していて、わかりやすいページになっています。

 

現在政府がいつから開始できるのか、準備を進めているところですが

8月上旬から開始させることができるようにしているみたいです。

 

旅行者にとってのメリットは

  • 国内の旅行が対象
  • 1人当たり1泊2万円が上限(日帰りは1万円)
参照:観光庁H P
  • 上記の70%部分が予約時に割引
    残りの30%部分がポイント/商品券でもらえる

 

注意点は

  • 予算が約1兆7000億円と決まっており、早いもの勝ちかも?
  • 連泊制限や利用回数制限はなし
  • 開催時期は8月上旬予定

 

具体的な例を見てみましょう。

まず1人1泊2万円の場合、宿泊費の2分の1である1万円が支援額として

消費者に返ってくることになります。

 

ただ、1万円の内訳として70%が予約時に割引ですので、

7千円が旅行代金から決済をする時に差し引かれ

30%の3千円が、地域共通クーポンとして消費者に付与されます。

 

これが1泊10万円の場合だと5万円割り引かれるかいうとそうではなくて

最大2万円割引というところがポイントとなりますので、注意してください。

 

10万円の2分の1は5万円ですが、最大2万円割引ですので

旅行者に返ってくる上限は2万円で

そのうち、70%の14000円が支払決済時に割引され、

30%の6000円がクーポンとして消費者に付与されます。

参照:観光庁HP

 

地域共通クーポンとは?

旅行代金の3割がクーポンとして付与されるということでしたが

どんな形で付与されるのか気になりますよね。

 

その中身は、商品券のような紙媒体のクーポンと、

スマホ画面で提示する電子媒体のクーポンとして付与される予定になってます。

 

これらのクーポンは、地域共通クーポン加盟店で利用が可能で、

お土産屋はもちろん、飲食店・観光施設・アクティビティ・交通機関などに

現在参加・登録を呼びかけているみたいです。

 

なので、現時点では、どういう場所で使えるかは確定していないものの

その使えるお店の幅は、期待していても大丈夫そうですね。

 

じゃあどこから旅行を申し込んだらいいの?

上でも記載しましたが、現在のところ今の段階で

HPで万全の準備をしていたのはJALのHPです。

 

ただ、政府も8月上旬からこのキャンペーンを開始させようとしており

現段階ではGo To キャンペーンの予約ができるかというとそうではありません。

 

ただ、上記のJALのHPではGo To Travelの割引シミュレーションができます。

 

自分が何泊したいのか、

旅行代金はいくらを想定しているのかを入力することで、

割引後いくら支払う必要があるのか

いくらのクーポンをもらえるのかが簡単に計算される仕組みが整ってます。

 

気になる方は是非JALのHPへ飛んでみて、

8月以降の旅行のシミュレーションをしてみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました